【灼熱ヒータ:火霊使い2020】デッキ紹介・解説 後編

読者の皆さま、こんにちは。
今回は後編と言うことで、前編で紹介した【火霊使い2020】の展開例やコンボ・ギミックを紹介していきます。

前編をまだお読みでない方がいらっしゃいましたら下記にリンクを貼っておきますので、こちらからお読みくださればと思います。

前編では「デッキレシピ紹介」「採用カード解説」「基本的な戦い方」を紹介させていただきました。
今回は「展開ルートの例」「各ギミック解説」「各コンボ解説」の3つに分けて紹介していきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

目次

展開ルートの例

ここでは、2つの展開例を紹介します。
これらの展開はこのデッキの基本の動きですが、手札やフィールドの状況に応じて、いくらかルートを分岐させることができます。

大型シンクロモンスターを構える場合

・条件
手札に《レッド・リゾネーター》+魔法使い族モンスター+《稲荷火》+コスト1枚
または手札に《レッド・リゾネーター》+レベル4以下の炎属性モンスター+《Emハットトリッカー》+コスト1枚
・結果
手札に《転生炎獣ガゼル》+「憑依」魔法・罠カード+1ドロー、フィールドに《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》+《転生炎獣ファルコ》
もしくは手札に《転生炎獣ガゼル》+「憑依」魔法・罠カード、フィールドに《ヴァレルロード・S・ドラゴン》(カウンター:1)+《炎星侯-ホウシン》
1.《レッド・リゾネーター》を召喚し、手札から魔法使い族モンスター(もしくはレベル4以下の炎属性モンスター)特殊召喚
2.手札から《稲荷火》(もしくは《Emハットトリッカー》)を特殊召喚
3.《レッド・リゾネーター》と魔法使い族モンスター(もちくは《Emハットトリッカー》)の2体で、《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚
4.《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で、手札・デッキから《ジェット・シンクロン》を特殊召喚
5.《ジェット・シンクロン》1体で、《サクリファイス・アニマ》をリンク召喚
6.《サクリファイス・アニマ》と《稲荷火》(もしくはレベル4以下の炎属性モンスターを墓地へ送り、手札・デッキから《大稲荷火》を特殊召喚
7.手札1枚を捨て、墓地から《ジェット・シンクロン》を特殊召喚
8.《ジェット・シンクロン》と《大稲荷火》を素材として、《炎星侯-ホウシン》をシンクロ召喚
9.墓地へ送られた《大稲荷火》の効果で、デッキから「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える
10.《炎星侯-ホウシン》の効果で、デッキから《転生炎獣ガゼル》を特殊召喚
11.《転生炎獣ガゼル》の効果で、デッキから《転生炎獣ファルコ》を墓地へ送る
12.墓地の《転生炎獣ファルコ》の効果を発動し、《転生炎獣ガゼル》を戻して自身を特殊召喚

以下、相手ターンのメインフェイズ・バトルフェイズに《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で出すシンクロチューナーによって、展開が変わります。

aルート展開(相手ターン)
13a.《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で、《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚して効果で1ドロー
14a.《フォーミュラ・シンクロン》と《炎星侯-ホウシン》の2体で、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ召喚
bルート展開(相手ターン)
13b.《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で、《シューティング・ライザー・ドラゴン》をシンクロ召喚
14b.《シューティング・ライザー・ドラゴン》の効果で《火霊使いヒータ》を墓地へ送り、自身のレベルを3つ下げる
15b.レベル4となった《シューティング・ライザー・ドラゴン》と《転生炎獣ファルコ》を素材として、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚し、墓地の《サクリファイス・アニマ》を装備してヴァレルカウンターを1つ乗せる

先行を取って、相手ターンに妨害を構えたいときの展開方法です。
9.の《大稲荷火》で《憑依覚醒》を加えていれば、14b.で《火霊使いヒータ》を墓地へ送っているので、妨害をもう1つ追加することができます。

もちろんこれらの展開は一例で、状況によっては6.で《大稲荷火》を使わずに展開したり、11.の《転生炎獣ガゼル》から【転生炎獣】ギミックで展開したりすることもあります。
特に《大稲荷火》は自身の効果で特殊召喚した場合に、相手モンスター1体の攻撃力分のダメージを与える効果もあるので、あえて展開せずに温存することもよくあります。
対戦相手のデッキや自分の手札の状況に合わせて、柔軟に対応して動くようにしましょう。

《炎星侯-ホウシン》のみで動く場合

・条件
手札に《レッド・リゾネーター》+レベル4モンスター
・結果
手札に《転生炎獣ガゼル》、フィールドに《灼熱の火霊使いヒータ》
もしくは手札1ドロー+フィールドに《デコード・トーカー・ヒートソウル》
1.手札から《レッド・リゾネーター》を召喚し、効果で手札からレベル4モンスターを特殊召喚
2.《レッド・リゾネーター》とレベル4モンスターで、《炎星侯-ホウシン》をシンクロ召喚
3.《炎星侯-ホウシン》の効果で、デッキから《転生炎獣ガゼル》をリクルート
4.《転生炎獣ガゼル》の効果で、デッキから《転生炎獣ファルコ》を墓地へ送る
5.墓地の《転生炎獣ファルコ》の効果を発動し、《転生炎獣ガゼル》を手札に戻して自身を特殊召喚

ここまでの展開で、自分フィールドには《炎星侯-ホウシン》と《転生炎獣ファルコ》の2体、手札には《転生炎獣ガゼル》が残っている状態となります。
このあとは自分の手札と相談して、以下のように展開を分けて考えていきます。

aルート展開
6a.《炎星侯-ホウシン》と《転生炎獣ファルコ》を素材として、《灼熱の火霊使いヒータ》をリンク召喚
bルート展開
6b.《炎星侯-ホウシン》と《転生炎獣ファルコ》を素材として、《プロキシー・ドラゴン》をリンク召喚
7b.《転生炎獣ファルコ》が墓地へ送られたので、手札の《転生炎獣ガゼル》の効果を発動し、手札から自身を特殊召喚
8b.《プロキシー・ドラゴン》と《転生炎獣ガゼル》を素材として、《デコード・トーカー・ヒートソウル》をリンク召喚
9b.1000ポイントのライフを支払って《デコード・トーカー・ヒートソウル》の効果を使い、デッキから1ドロー

このデッキのレベル4モンスターは《ヴォルカニック・ロケット》や《黒き森のウィッチ》といったサーチャーになるので、《ブレイズ・キャノン・マガジン》や《炎天禍サンバーン》といった相手ターンに使えるカードを手札に加えながら展開することができます。

aルートは手札を温存して、次ターン以降の展開に備えるパターンです。
手札に《転生炎獣ガゼル》を残しておき、《灼熱の火霊使いヒータ》が相手に破壊されればデッキから守備力1500以下の炎属性モンスターを手札に加えられるので、次ターンに【転生炎獣】ギミックから盤面を返すことができます。

bルートはドローエンジンとして使いやすい《デコード・トーカー・ヒートソウル》を構えるパターンです。
《大捕り物》や《ブレイズ・キャノン・マガジン》などの妨害と併せて《デコード・トーカー・ヒートソウル》を維持し続ければ、ライフコストこそ必要なものの毎ターン1ドローのエンジンとして機能してくれます。

各ギミック解説

ここでは、デッキの採用カードをギミック単位で解説していきます。
ギミック単位でデッキ構築を考えることで、「どこからどこへ繋げばいいのか」が理解しやすくなります。

【霊使い】ギミック

本来はテーマとして分類されてはいませんが、【魔法使い族】の要素としてまとめています。
特に「霊使いステータス」である守備力1500の魔法使い族モンスターや、それらをサポートするカードがこのギミックに属しています。

・《火霊使いヒータ》
このデッキのメインヒロインです。
レベル3なので《シューティング・ライザー・ドラゴン》で墓地へ送れば、《憑依連携》の条件を満たしながらレベル4に変化させることができます。
「霊使い」なので《憑依解放》の効果で戦闘破壊不能の壁モンスターとして耐えることもできます。

・《憑依装着-ヒータ》
デッキのメインヒロインその2。
打点が1850あるので《憑依覚醒》の恩恵を受けることができます。
レベル4のモンスターなので、《レッド・リゾネーター》と共に《炎星侯-ホウシン》になることも可能です。

・《太陽の魔術師エダ》
「霊使い」ステータス(守備力1500・魔法使い族)の地属性モンスター。
「霊使い」ではないが「霊使い」ステータスのサポートを受け、自身もまた「霊使い」のサポートができます。
火属性でなく、かつ「霊使い」でない、というのも採用理由の一つです。(【火霊使い】デッキなので、他の「霊使い」を採用できないため)

・《玄武の召喚士》
「霊使い」ステータスの水属性モンスター。
リバースした際に相手モンスター1体を破壊できます。
《太陽の魔術師エダ》や《憑依解放》から出して強いので採用しています。

・《精霊術の使い手》
2:2交換ではありますが、2枚サーチはやっぱり純粋に強いです。
しかも手札コストで1枚捨てることができるので、《ブレイズ・キャノン・マガジン》や《帝王の轟毅》を墓地へ送れるという部分も優秀ですね。

・《憑依覚醒》
このデッキでは自分モンスターの永続的な攻撃力アップを活用できます。
火属性中心の構築ではあるがタッチで他属性のモンスターも採用しているので、だいたい600~1200くらいの上昇が見込めます。

・《憑依連携》
「霊使い」ステータスを墓地から蘇生し、属性が複数存在すればカード1枚除去できるので、実質0:1交換になります。
墓地効果で除去されてしまった《憑依覚醒》や《憑依解放》を貼りなおすことができるのも優秀です。

・《憑依解放》
このデッキではすべての効果を活用できます。
自分モンスターが破壊された場合に、そのモンスターと違う属性の「霊使い」ステータスを持つモンスターをデッキからリクルートできる効果を使っていきたいですね。

【ヴォルカニック】ギミック

【火霊使い】デッキにおける、最強のギミックです。
永続罠カードの《ブレイズ・キャノン・マガジン》の効果で《ヴォルカニック・バックショット》を墓地へ送ることで、フリーチェーンの全体除去が使えるというのが最大の強みです。
このデッキでは、最小限の範囲で【ヴォルカニック】ギミックを運用しています。

・《ヴォルカニック・ロケット》
《ブレイズ・キャノン・マガジン》のサーチャーとして採用しています。
打点も1900と高めで、しかもレベル4なので《レッド・リゾネーター》とシンクロして《炎星侯-ホウシン》を作れることができるのも重要です。
《灼熱の火霊使いヒータ》から持ってくることができます。

・《ヴォルカニック・バックショット》
《ブレイズ・キャノン・マガジン》から落とせば、1500バーン+全体除去が可能です。
手札に来てしまって腐ることもありますが、結局は《ブレイズ・キャノン・マガジン》で手札交換に使うのであまり大差はありません。
初手で2枚来てしまったときは……、がんばって戦いましょう。

・《ヴォルカニック・カウンター》
オシャレ枠として採用、ではなく2枚目の《ブレイズ・キャノン・マガジン》で落として強いカードとして採用。
相手のライフが1000くらいのときに墓地へ送り、自爆特攻でダメージを与えてフィニッシュまでもっていくことできます。

・《炎帝近衛兵》
墓地の《ヴォルカニック・バックショット》や《大稲荷火》戻して2ドローするリローダー。
《灼熱の火霊使いヒータ》から持ってこれるのも優秀です。

【転生炎獣】ギミック

【炎属性】の中でも展開を得意とするテーマです。
このデッキでも展開パターンの軸として、重要な位置を占めています。

・《転生炎獣ガゼル》
このデッキでも重要となるレベル3のモンスター。
これ1枚でリンク3まで作れるのがとても優秀。
《灼熱の火霊使いヒータ》から持ってこれるというのもポイントが高いです。

・《転生炎獣スピニー》
《転生炎獣ガゼル》で落とす候補の1つとなるレベル3モンスター。
最初は《転生炎獣ミラージュスタリオ》の素材として使い、2回目はリンク素材として使えます。

・《転生炎獣ミーア》
《転生炎獣ミラージュスタリオ》から出す候補の1つとなるモンスター。
《転生炎獣ファルコ》の効果で手札に戻して自身を特殊召喚すれば、リンク3以上まで展開できます。

・《転生炎獣ファルコ》
墓地からの自己再生効果を持った「転生炎獣」モンスター。
レベル4なので《レッド・リゾネーター》とシンクロして《炎星侯-ホウシン》になることもできます。

各コンボ解説

《火霊使いヒータ》によるコントロール奪取

相手ターンのエンドフェイズに《憑依連携》を発動して、墓地から《火霊使いヒータ》を裏側守備表示で蘇生します。
自分ターンのメインフェイズに墓地の《帝王の轟毅》の効果を発動してフィールドのモンスターを炎属性に変更し、先ほどセットした《火霊使いヒータ》を反転召喚して効果を発動すれば、相手モンスターのコントロールを得ることができます。

《転生炎獣サンライトウルフ》による手札回収

《転生炎獣サンライトウルフ》は自身のリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に、墓地の炎属性モンスター1体を手札に戻すことができます。
このデッキはモンスターを特殊召喚できるカードを多めに採用しているので、その効果を起動させることが容易になっています。

特に手札に戻して使いやすいのは、《転生炎獣ガゼル》や《稲荷火》、《炎天禍サンバーン》などが挙げられます。
手札に戻したモンスターはそのターン中は効果を使えませんが、《炎天禍サンバーン》は炎属性モンスターの破壊をトリガーに発動する効果を持っているので、ターンをまたいで相手ターン中に《転生炎獣サンライトウルフ》が破壊されれば効果を発動できます。

《灼熱の火霊使いヒータ》の活用

デッキ名に【灼熱ヒータ】とあるように、このデッキはもともと《灼熱の火霊使いヒータ》の強みを最大限に活かすということに重きを置いています。
《灼熱の火霊使いヒータ》の強みは、以下のようなことが挙げられます。
・炎属性モンスター1体あれば、他の素材は何でもよいところ。
 →それなら他の素材の部分は《精神操作》や《大捕り物》で奪った相手モンスターを使える。
・自身が「霊使い」でありながら「憑依装着」でもあるところ。
 →《憑依覚醒》の1ドローが起動でき、さらに《憑依解放》の恩恵を最大限に受ける。
・自身が破壊された場合に、デッキから守備力1500以下の炎属性モンスターをサーチできる。(制約なし)
 →デッキ内のモンスターをほとんどサーチ可能にすれば、対応力を高めることができる。

このデッキでは、とくに3つ目の部分を重視して構築しました。
そのため状況に合わせてサーチするものを自在に変えられるというのが、このデッキの最大の強みとなります。
・モンスターを展開したい場合
 →《レッド・リゾネーター》《稲荷火》《転生炎獣ガゼル》
・相手の盤面をリセットしたい場合
 →《ヴォルカニック・ロケット》(《ブレイズ・キャノン・マガジン》をサーチできるため)
・ダメージレースを優先している場合
 →《ヴォルカニック・カウンター》《炎天禍サンバーン》
・除外されたモンスターを再利用したい場合
 →《ネメシス・フラッグ》
・《ヴォルカニック・バックショット》を再利用したい場合
 →《炎帝近衛兵》

このように選択肢を広げておくことで、相手の除去や妨害を受けたとしても最低限《灼熱の火霊使いヒータ》さえ出せれば戦える、という構築となっています。

おわりに

いかがだったでしょうか。
前編・後編にわたって紹介した【灼熱ヒータ:火霊使い2020】でしたが、これでこのデッキについては概ね理解して頂けたことだろうと思います。

こうしたオリジナルデッキを組む際は、使うプレイヤーや採用するカードによって構築も動き方も大きく変わってきます。
特に「なにをしたいか」「どこに重きを置くか」という視点は、プレイヤーによって目指すところが違うものです。
今回のデッキ紹介では、私自身が「ヒータを活躍させる」「柔軟に対応できる」部分を重視して構築したデッキを紹介させていただきましたが、もちろんこれが正解となる構築ではありません。
ですがこうしたオリジナルデッキの記事を読むことで、「こういった組み方もあるんだ」と思っていただければ幸いに思います。

ここまでのご精読、ありがとうございました。
今後もまた、こうしたオリジナルデッキの紹介をしていく予定にしておりますので、そちらもまた是非お読みいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。