【夢魔鏡/Dream Mirror】デッキの回し方、プレイング解説

こんにちは。
今回は【夢魔鏡】デッキの回し方やプレイングについて、解説していきたいと思います。

デッキの構築やカード解説については、以前noteの方で書いたものがありますので、そちらをお読みいただければと思います。

【夢魔鏡】デッキは海外先行テーマが収録された『WORLD PREMIERE PACK 2020』で登場したテーマですが、海外テーマ特有の一見複雑そうに見える動きをするので最初は馴染みにくい部分があると思います。

今回は【夢魔鏡】デッキの回し方について基本的な部分を紹介していきますので、これから【夢魔鏡】デッキを使いたいと考えている方は、是非とも参考にしていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

目次

【夢魔鏡】デッキの回し方 ~概要~

【夢魔鏡】は光と闇の側面を持ったモンスターたちと光と闇のフィールド魔法を駆使して戦う、ビートダウン・コントロール寄りのテーマデッキです。

光のフィールド魔法《聖光の夢魔鏡》と闇のフィールド魔法《闇黒の夢魔鏡》、そしてお互いの属性に対応する「夢魔鏡」モンスターを使って戦っていきます。
メインデッキのすべての「夢魔鏡」モンスターは対応するフィールド魔法が存在する場合に変身する効果を持っていて、さらに「夢魔鏡」モンスターの効果によって特殊召喚された際の固有効果を持っています。

ここからは【夢魔鏡】デッキを回す上で重要な部分を、4つに分けて紹介していきたいと思います。
少し長めの文章ではありますが、どうぞお付き合いいただければと思います。

フィールド魔法にアクセスする

【夢魔鏡】デッキは専用のフィールド魔法である《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》がなければ始まりません。
フィールド魔法にアクセスする手段は、汎用カードでは《テラ・フォーミング》や《メタバース》があるので、状況に応じて《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》のいずれかを手札に加えるようにします。

初動では「イケロス」モンスターを展開する都合上、自分ターンに《聖光の夢魔鏡》、相手ターンに《闇黒の夢魔鏡》を構えることが多いです。
デュエル中盤以降は相手のデッキの動きによって、《聖光の夢魔鏡》の「相手は一番レベルの高いモンスターにしか攻撃対象、効果の対象にできなくなる」効果と、《闇黒の夢魔鏡》の「相手が特殊召喚に成功する度、300のダメージを与える」効果を使い分けるようにします。

また【夢魔鏡】には専用のサポートである《夢現の夢魔鏡》という通常罠カードもあります。
このカードは罠カードなので少し動きは遅いですが「自分・相手のフィールドに《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》を表側表示で置く」という破格の効果となっています。
「夢魔鏡」モンスターの効果発動の条件となるフィールド魔法は、自分・相手のどちらに存在しても満たすことができるので、このカードさえあれば「夢魔鏡」モンスターの効果を自由に発動させることが可能となります。

「夢魔鏡」モンスターにアクセスする

【夢魔鏡】デッキで一番大切なのはフィールド魔法ですが、もちろんそれと一緒に「夢魔鏡」モンスターもなくてなりません。

メインデッキの「夢魔鏡」モンスターには光と闇の「イケロス」、光と闇の「パンタス」、光と闇の「ルペウス」が存在しています。
各モンスターについて、簡単に役割を箇条書きにしておきます。
以下の効果はすべて「夢魔鏡」モンスターの効果によって特殊召喚に成功した場合に発動することが可能です。

《夢魔鏡の乙女-イケロス》「夢魔鏡」カード1枚をデッキからサーチ
《夢魔鏡の夢魔-イケロス》手札から「夢魔鏡」モンスター1体を特殊召喚
《夢魔鏡の聖獣-パンタス》墓地からレベル8以下の「夢魔鏡」モンスター1体を特殊召喚
《夢魔鏡の魔獣-パンタス》このターン、自身が直接攻撃可能になる
《夢魔鏡の白騎士-ルペウス》 このターン、自身に破壊耐性を与える
《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》フィールドのカード1枚を対象にとって破壊

これらの中で特に重要なのは《夢魔鏡の乙女-イケロス》と《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》の2枚です。
《夢魔鏡の乙女-イケロス》はテーマ内のすべてのカードにアクセスできるので、デュエルの序盤から終盤まで使い回す必要があります。
《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》は【夢魔鏡】デッキにおける相手の除去・妨害として活躍する1枚なので、こちらもデュエルの序盤から終盤まで活躍させたいカードとなっています。

また先ほども書いたように、彼らの効果はすべて「夢魔鏡」モンスターの効果によって特殊召喚に成功した場合に発動できます。
基本的には《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》をフィールドにを出した状態で、対応する光属性・闇属性の「イケロス」「パンタス」「ルペウス」モンスターを出すことで効果を起動させていきます。
またその他にも《夢魔鏡の夢魔-イケロス》と《夢魔鏡の聖獣-パンタス》、後述する《夢魔鏡の天魔-ネイロス》の効果で、手札や墓地から特殊召喚することもできます。

《夢魔鏡の天魔-ネイロス》を活用する

【夢魔鏡】には専用の融合モンスター《夢魔鏡の天魔-ネイロス》が存在します。
属性の異なる「夢魔鏡」モンスター2体で特殊召喚することが可能で、「自身以外のモンスターがリリースされた場合、フィールドのカード1枚を対象にとって破壊できる」効果と「自身が相手によって破壊された場合、自身以外の「夢魔鏡」モンスターを墓地から特殊召喚できる」効果を持っています。

「夢魔鏡」モンスターは自分・相手ターン(フリーチェーン)に自身をリリースすることで、効果を発動させることができます。
《夢魔鏡の天魔-ネイロス》はそうしたリリースに反応して発動できるので、実質的にフリーチェーンのカード破壊として発動できる、という訳です。
《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》と併せて効果を発動すればフリーチェーンでカードを2枚破壊できるので、デュエル中盤以降はこのカードを積極的に出すように立ち回っていきます。

「夢魔鏡」罠カードを活用する

現状の【夢魔鏡】には、専用の罠カードが3つ存在します。

《夢現の夢魔鏡》お互いのフィールドに《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》を置く
《夢魔鏡の夢物語》条件付きでフィールドのカード1枚を選んで除外
《夢魔鏡の夢占い》フィールド魔法に応じて無効範囲が変わるカウンター罠

《夢現の夢魔鏡》は前述で紹介したように、お互いのフィールドに《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》を置くことで、「夢魔鏡」モンスターの効果を自由に発動できるようになります。
《夢魔鏡の夢魔-イケロス》を《夢魔鏡の乙女-イケロス》に変換して《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》をサーチ、そのまま《夢魔鏡の乙女-イケロス》を《夢魔鏡の夢魔-イケロス》に再び変換して、手札に加えた《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》を特殊召喚、といった芸当が可能になります。

また《夢魔鏡の夢物語》も強力なカードで、除外されている《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》をデッキに戻すことで、フィールドのカード1枚を対象に取らずに除外することができます。
《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》や《夢魔鏡の天魔-ネイロス》で突破できないカードを処理する際に使うことになるので、このカードの発動条件を満たすためにフィールド魔法をある程度除外しておくことも意識して回すようにしましょう。

【夢魔鏡】デッキの回し方 ~具体例~

今回は以下のサンプルデッキを使って、動きの具体例を紹介していきます。
導入でお話ししたnoteで紹介したものとなっています。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/member_deck.action?cgid=fc51fe0f1964a2af656c63096b8da51c&dno=13&request_locale=ja

《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》を構えて相手ターンに妨害する

ex.手札に《夢魔鏡の夢魔-イケロス》《聖光の夢魔鏡》

re.手札に《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》、フィールドに《夢魔鏡の乙女-イケロス》《闇黒の夢魔鏡》《夢幻の夢魔鏡》

1.手札から《夢魔鏡の夢魔-イケロス》を召喚
2.手札から《聖光の夢魔鏡》を発動
3.《夢魔鏡の夢魔-イケロス》をリリースして効果を発動し、デッキから《夢魔鏡の乙女-イケロス》を特殊召喚
4.《夢魔鏡の乙女-イケロス》の特殊召喚時の効果で、デッキから《夢幻の夢魔鏡》をサー
5.手札から《夢幻の夢魔鏡》を発動し、効果処理としてデッキから《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》をサーチ
6.エンドフェイズに《聖光の夢魔鏡》を除外して効果を発動し、デッキから《闇黒の夢魔鏡》を発動

これで《闇黒の夢魔鏡》がフィールドに存在するため、いつでも《夢魔鏡の乙女-イケロス》から《夢魔鏡の夢魔-イケロス》に変換し、手札の《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》を特殊召喚できます。
これらの効果は相手ターンに発動できるので、相手の動きに合わせて《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》を特殊召喚して、展開を妨害することができます。

《夢魔鏡の魔獣-パンタス》を使って展開する

ex.手札に《夢魔鏡の魔獣-パンタス》、フィールドに《聖光の夢魔鏡》、墓地に《夢魔鏡の乙女-イケロス》

re.フィールドに《夢魔鏡の天魔-ネイロス》《夢魔鏡の聖獣-パンタス》《闇黒の夢魔鏡》

1.手札から《夢魔鏡の魔獣-パンタス》を召喚
2.《夢魔鏡の魔獣-パンタス》をリリースして効果を発動し、デッキから《夢魔鏡の聖獣-パンタス》を特殊召喚
3.《夢魔鏡の聖獣-パンタス》の効果を発動し、墓地から《夢魔鏡の乙女-イケロス》を特殊召喚
4.《夢魔鏡の乙女-イケロス》の効果で、デッキから《混沌の夢魔鏡》をサーチ
5.メインフェイズに《混沌の夢魔鏡》をセット
6.エンドフェイズに《聖光の夢魔鏡》を除外して効果を発動し、デッキから《闇黒の夢魔鏡》を発動
7.相手ターン中に《混沌の夢魔鏡》を発動し、属性の異なる「夢魔鏡」モンスター2体を素材として《夢魔鏡の天魔-ネイロス》を融合召喚(ここではフィールドの《夢魔鏡の乙女-イケロス》、墓地の《夢魔鏡の魔獣-パンタス》を素材とする)

これでフィールドに《闇黒の夢魔鏡》があるので、いつでも《夢魔鏡の聖獣-パンタス》の効果を起動することができます。
効果発動のために《夢魔鏡の聖獣-パンタス》がリリースされるので、《夢魔鏡の天魔-ネイロス》のカード破壊の効果を誘発させることができます。

【夢魔鏡】デッキを使う上で意識すること

前述の具体例でもお分かりいただけるように、【夢魔鏡】デッキにおける自分ターンの展開は「相手ターンに何を構えるか」を目指す動きとなります。
基本的には《夢魔鏡の黒騎士-ルペウス》や《夢魔鏡の天魔-ネイロス》を構えるように立ち回っていきますが、状況によっては《夢魔鏡の乙女-イケロス》のサーチ先を《夢現の夢魔鏡》や《夢魔鏡の夢物語》、《夢魔鏡の夢占い》に変えることで、相手ターンに構える妨害の質を変化させることができます。

また《聖光の夢魔鏡》《闇黒の夢魔鏡》のどちらを相手ターンに出しておくか、フィールドにどの「夢魔鏡」モンスターを残しておくか、も重要となってきます。
「夢魔鏡」モンスターすべてがフリーチェーンで変身できるので、相手ターンにどんな除去が撃たれるかを考えたうえで、展開効果のモンスターにつながる《夢魔鏡の乙女-イケロス》《夢魔鏡の魔獣-パンタス》、除去効果のモンスターにつながる《夢魔鏡の白騎士-ルペウス》のどのモンスターをフィールドに残しておくかを考える必要があります。

【夢魔鏡】デッキと相性の良いカード

《宣告者の神巫》+《トリアス・ヒエラルキア》
《宣告者の神巫》は召喚・特殊召喚成功時に、デッキから天使族モンスターを墓地へ送ることができ、自身がリリースされた場合に手札・デッキからレベル2以下の天使族モンスターを特殊召喚することができます。
《トリアス・ヒエラルキア》は手札・墓地に存在する場合、フィールドの天使族モンスターをリリースして特殊召喚することができます。
《宣告者の神巫》の召喚・特殊召喚時に《トリアス・ヒエラルキア》を墓地へ送り、《トリアス・ヒエラルキア》のコストとして《宣告者の神巫》をリリースすることで、デッキからレベル1の天使族である《夢魔鏡の乙女-イケロス》や《夢魔鏡の夢魔-イケロス》をリクルートすることが可能となります。

《カオス・ダイダロス》
《カオス・ダイダロス》は【カオス】に属するモンスターで、墓地から光・闇属性モンスターを1体ずつ除外することで手札から特殊召喚できるモンスターです。
このカードとフィールド魔法が存在する限り、自分の光・闇属性モンスターは相手の効果の対象にならなくなります。
またフィールド魔法が存在する枚数までフィールドのカードを除外する起動効果も持っていて、《夢現の夢魔鏡》を発動していれば自分・相手にフィールド魔法があるはずなので、2枚のカードを対象に取って除外することが可能となります。

《混沌の創生神》
このカードも【カオス】に属するモンスターで、《カオス・ダイダロス》と同様の特殊召喚条件を持っています。
起動効果でお互いの除外されたモンスター3体の中からランダムに1体を自分フィールドに特殊召喚する効果を持っています。(残りはデッキの一番下に戻す)
《混沌の夢魔鏡》で融合素材として除外した「夢魔鏡」モンスターや、《カオス・ダイダロス》で除外した相手モンスターを出すことができるので、【カオス】ギミックを採用する際の有力候補に挙がってくることでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。

【夢魔鏡】デッキはなかなか複雑で慣れるまでは回すことも大変なデッキではありますが、盤面が一度整ってしまえば相手が何もできなくなってしまうほど強力なコントロール性能を持ったテーマでもあります。
練習すれば練習するほど「こんなこともできるのか!」という発見が見つかる奥深いテーマなので、そういった意味でも触り甲斐のあるテーマだと思います。

しかも次の通常弾(10月31日発売)である『BLAZING VORTEX』で、はやくも強化が確定しているというところでも、これから注目されるテーマでもあります。
光・闇属性モンスターを扱う【カオス】や、【天使族】などと組み合わせて使う型が登場しているらしく、まだまだこれから研究されていくテーマの一つとなっていくことでしょう。

そんなたくさんの可能性に満ちた【夢魔鏡】デッキ。
ここまで読んでいただいた読者の方は是非とも一度、デッキを作って回して頂きたいと思います。

……
……

それでは今回は、この辺りといたします。
ここまでのご精読、ありがとうございました。